視力低下の予防と防止

子供や大人の急激な視力低下を予防・防止し、それ以上悪化させない視力回復のヒントを解説しています。

視力低下の予防と防止の大切さ

視力低下は、現代では至るところで起きる危険があります。

子供の視力低下も問題になっています。
ふつう子供の視力低下は、小学校高学年からはじまり進んでいくものですが、幼稚園児の視力低下、近視化も起きているのです。学校の視力検診や健康診断で、近視の判定をされると、愕然としてしまいますね。

大人の視力は、たいてい二十歳くらいでストップするといわれています。これは成長期が止まるためです。

しかし、パソコンなどのVDT作業が多く生活に溶け込んできているため、目を酷使することが多くなっています。
その結果、急激な視力低下を引きおこすのです。

メガネやコンタクトレンズをしていると、さらに目は酷使され、視力の低下は甚だしいものがあります。

そこでレーシック手術を受けるという選択肢がでてくるわけですが、レーシックをしても、根本的に視力回復できるわけではありません。

目の内部をのぞいてみれば、眼球は長いままですし、本質的には”近眼のまま”といえます。つまり角膜から網膜までの距離にあたる「眼軸」が伸びており、網膜が非常にうすくなっているのです。

そうなると、このまま視力が低下していったら、失明してしまうのではないか?という不安をもつ人もいるかもしれません。

しかし、この点は大丈夫なので、ご安心を!
どんなに近視が進行して、視力が低下しても、その延長として失明することはありません。

ただし、眼軸が伸びることにより、網膜がうすくなり、結果として網膜剥離をおこしたりする可能性はあります。また糖尿病になれば、糖尿病網膜症という目の病気にかかる危険もでてきます。

つまり近視や乱視、遠視の延長上に失明ということはないにしても、”眼病経由で”視力を失う可能性はなきにしもあらず、ということなのです。

こういった危険をもつ視力低下を予防し、防止するには、日ごろのちょっとした習慣、心がけが大切です。

>> あなたの視力低下を予防し、視力を回復させる方法とは?
子供用の視力回復教材はこちら

近視の改善 視力アップの情報 視力訓練の方法が満載 視力アップトレーニングの方法 視力0.2の回復 視力低下の異常とは?

視力低下の予防と防止のヒント