視力低下の予防と防止

子供や大人の急激な視力低下を予防・防止し、それ以上悪化させない視力回復のヒントを解説しています。

サイトトップ > コンタクトと視力低下〜角膜の傷と感染

コンタクトと視力低下〜角膜の傷と感染

コンタクトで視力低下することはあるのでしょうか?

まず結論から言うと、十分ありえます。
これはべつにコンタクトレンズだけの問題ではなくて、メガネの装用でも発生することです。メガネやコンタクトレンズを着用するということは、目にとっては大きな負担になります。

メガネをしている人なら分かると思いますが、年々度が進んでいき、何度かレンズを買い換えなければならないものです。

ただコンタクトレンズの場合、メガネほど視力は低下しません。
わたしは使い捨てコンタクトレンズである「ワンデーアキュビュー」を愛用していますが、ほとんど視力低下はしません。分厚い眼鏡では、こうはいかないでしょう。

ですからもし、現在メガネを装用していて、コンタクトレンズに変えようか悩んでいる人がいるとすれば、ぜひコンタクトレンズをおすすめします。ただし強度の近視の人だけにしたほうがいいでしょう。

なぜならコンタクトレンズは、角膜と接触します。
厳密にいえば直接ふれるわけではなくて、涙の海に浮く形になっています。とはいえ目が乾燥したりして、コンタクトレンズが目に張り付くことも出てきます。またケアが不十分で、レンズに涙のタンパク成分が付着したり、洗浄液が付着し、それが目の角膜を傷つけることもでてきます。また普段でも、付け外しをしていると、どうしても細かな傷を目につけてしまうものです。

そういった傷から、もし細菌が感染したりすると、角膜がにごることがあります。角膜浸潤や角膜潰瘍などに発展すると、視界がぼやけて、コンタクトが原因で視力が低下します。

そうなると角膜移植することもあるわけです。

このことは通常のソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズだけではなく、カラーコンタクトレンズ(カラコン)でもおきやすいです。とくにカラコンは医療器具にもかかわらず、その認識がうすいので、細菌感染を起こしやすくなってるので要注意!

以上のように、コンタクトレンズはメガネよりは、視力低下の進行は抑えられますが、傷からの細菌感染によって、コンタクトは視力低下の原因ともなるわけです。

視力低下と視力回復一覧