視力低下の予防と防止

子供や大人の急激な視力低下を予防・防止し、それ以上悪化させない視力回復のヒントを解説しています。

サイトトップ > 視力低下と視力回復

視力低下と視力回復

視力低下には様々な原因があります。

また子供なのか、幼児なのか、大人なのか、高齢者なのかという年齢による違いもあります。

また片目の視力低下に悩んでいるとか、急激に視力が低下して困っているという人もいるでしょう。

そのために眼精疲労を引きおこしたり、目の痛み、頭痛に悩まされている人もいるかもしれません。

こういった視力低下の症状にたいして、三つのタイプがあります。ひとつは、悩み続け、解答を探している人です。二つ目は、とりあえず、メガネやコンタクトレンズの視力矯正、レーシック手術などのレーザ治療をうけて、解決したとする人です。

この場合、厳密にいえば目の内部では、近眼のままであり、視力が回復したわけではないのですが、本人が満足しているのであれば、それでよいと思います。

三つ目は、コンタクトレンズや眼鏡などの力を借りつつも、視力回復トレーニングによって、目をよくしたいと考えているタイプです。
あなたは、どれに属するでしょうか?

視力低下が進行して、さらに放置していると、眼精疲労を引きおこしますし、網膜剥離などの眼病にも発展しかねません。

そうならないためにも、視力低下を予防、防止するという観点、発想が大切になってきます。

片目の視力低下〜がちゃ目と弱視

片目の視力低下は、悩んでいる本人にとっては深刻なものです。通常、近視による視力の低下は、両目が同じくらい下がっていくものですが、片目だけが特に視力低下していくケ

片目の視力低下〜がちゃ目と弱視

急激な視力低下〜子供の目は3倍以上

急激な視力低下は、深刻です。すぐに、なんらかの対処を取らなければなりません。とともに、視力低下の原因を、よく考えることが大切です。現代は目を酷使する時代。オフィ

急激な視力低下〜子供の目は3倍以上

視力低下と病気〜眼病には注意!

視力低下と病気には、密接な関係があります。視力低下というと近視というイメージが浮かびます。あるいは遠視や乱視といった、いわゆる屈折異常ですね。こういった屈折異常

視力低下と病気〜眼病には注意!

視力低下の原因とは?〜近くの見すぎと目の酷使

視力低下の原因は何でしょうか?さまざまなことが考えられますが、一言でいうと近くを見続けて、目を酷使することが要因でしょう。このことは、誰もがちょっと考えればわか

視力低下の原因とは?〜近くの見すぎと目の酷使

視力低下の症状とは?〜近視や遠視、眼病

視力低下の症状には、どういったものがあるでしょうか?まず近視であれば、遠くが見づらいという症状が現れます。これは誰でも知っています。遠視の場合は、近くも遠くも見

視力低下の症状とは?〜近視や遠視、眼病

視力低下と子供〜急激に進行していく

視力低下は子供の場合、深刻です。子供の視力低下は、大人の3倍以上のスピードで進んでいきます。なぜなら子供の視力は、まだ定まっておらず、発展途上にあるためです。子

視力低下と子供〜急激に進行していく

レーシックと視力低下〜後遺症・合併症に要注意!

レーシックと視力低下というと、え?と思われる方がいるかもしれません。視力回復させるためにレーシック手術をうけるのに、レーシックで視力低下?と思ってしまうのは当然

レーシックと視力低下〜後遺症・合併症に要注意!

コンタクトと視力低下〜角膜の傷と感染

コンタクトで視力低下することはあるのでしょうか?まず結論から言うと、十分ありえます。これはべつにコンタクトレンズだけの問題ではなくて、メガネの装用でも発生するこ

コンタクトと視力低下〜角膜の傷と感染

メガネと視力低下〜自宅では裸眼で

メガネと視力低下の関係は、どのようになっているのでしょうか?メガネというのは、近視や遠視、乱視といった屈折の異常を補うための眼科矯正器具です。いってみれば松葉杖

メガネと視力低下〜自宅では裸眼で

ストレスと視力低下〜脳や自律神経が影響

ストレスと視力低下は関係があるのでしょうか?結論から言うと、ストレスは視力低下を引きおこします。なぜかというと、目は眼球だけでものが見えているのではなく、脳まで

ストレスと視力低下〜脳や自律神経が影響

視力低下の予防法〜眼筋と脳がポイント

視力低下の予防法を解説します。視力低下というのは、進行のスピードは人それぞれです。あっという間に視力が低下していく人もいますし、長年眼鏡をかけていても、ほとんど

視力低下の予防法〜眼筋と脳がポイント