視力低下の予防と防止

子供や大人の急激な視力低下を予防・防止し、それ以上悪化させない視力回復のヒントを解説しています。

サイトトップ > 視力低下の症状とは?〜近視や遠視、眼病

視力低下の症状とは?〜近視や遠視、眼病

視力低下の症状には、どういったものがあるでしょうか?

まず近視であれば、遠くが見づらいという症状が現れます。これは誰でも知っています。遠視の場合は、近くも遠くも見づらくなります。遠視というと、遠くがよく見える目だと勘違いしている人がいますが、そうではないのです。遠視は、基本的にどの距離も見づらい目なのです。

遠視による視力低下の症状として、とくに近くを見るときに目の疲労が甚だしくなります。これは子供の場合、勉強嫌いや落ち着きのなさといった現象として現れます。そして子供の遠視は要注意です。10歳までに遠視用の眼鏡で矯正しなければ、視力の発達が止まってしまい、弱視になってしまいます。

乱視が進んでおきる視力低下の症状は、ものがぼやけてみる、二重に見えるなどがあります。乱視も遠視と同様に眼精疲労のもとになります。

そのほか老眼による視力低下の症状としては、近くが見づらくなります。まず暗いところで近くが見づらくなり、しだいに明るい場所でも近くが見づらくなっていきます。老眼の症状としては、眼精疲労もあります。

白内障による視力低下の症状は、なんとなく視界がぼんやり見えてきます。目の疲れとしても現れます。そのほかものが二重に見えたり、まぶしさを感じたり、近くが見づらくなるという視力低下の症状が現れることもあります。白内障の視力低下の症状の表れ方は、一般的にゆっくりと進行していきます。

緑内障による視力低下の症状には、視野が欠ける、視野が狭くなるといったものがあります。緑内障は自覚症状にとぼしく、そうとう視野の欠けが進行しても、気づきません。

網膜の神経線維の50パーセント程度が死滅しても、人間は自覚症状を持てないものなのです。それは脳には両眼視機能というものがあり、片目に不具合があったとしても、補って修正してしまうためです。

両目で見ると、視野の欠けが分からなくても、片目になってみると、視野の欠けを早期に発見することができます。

そのほか糖尿病網膜症による視力低下の症状も、同様に分かりづらいものです。気づいたときには増殖網膜症という末期症状にまで進行していて、失明と隣り合わせということが多くなります。

視力低下と視力回復一覧